「AJINOMOTO PARK」編集部
味の素社員の商品活用術! 「クノール® カップスープ」編
見出し画像

味の素社員の商品活用術! 「クノール® カップスープ」編

「AJINOMOTO PARK」編集部

味の素社が食卓にお届けしているさまざまな商品。長くご愛用いただいていますが、担当者にはまだ伝えたりないことがたくさん!

そこで「AJINOMOTO PARK」編集部では、味の素製品をよく知る“中の人”ならではの活用術を担当社員に尋ねました。定番の使い方から応用編まで、商品の特徴とあわせてご紹介します♪

今回取りあげるのは「クノール® カップスープ」。栄養・加工食品事業部の鈴木博之さんと望月智世さんにうかがいました!

画像1

画像2

素材にこだわったおいしいスープを多くの方に届けたい

——「クノール® カップスープ」の歴史や特徴を教えてください。

「クノール® カップスープ」が誕生したのは1973年。実は今まで、100種類以上もの商品を発売しているんです!

「クノール® カップスープ」の最大の特長は、お湯を注ぐだけで、簡単&手軽においしいスープが楽しめること。とろみがあって冷めにくいので、寒くなる季節にぴったりです。

——商品のこだわりポイントはなんでしょうか?

一番はズバリ素材です!こだわりの素材をたっぷり溶け込ませて、ていねいに作っています。

例えば一番人気の「コーンクリーム」では、当社指定農場で栽培しているスーパースイートコーンを100%使用。しかも、1年でもっとも甘い時期に、収穫後24時間以内という短時間でパウダー化しています。そうすることで、とうもろこし本来の風味と味を最大限活かすことができるんです!

もちろん、「コーンクリーム」以外のほうれん草やきのこなどの野菜シリーズでも同様に、こだわり素材と当社独自技術により、野菜本来の味わいをお届けできるようにしています。

画像3

トッピングでレパートリー広がる!「たべてこ!朝マグ」人気レシピ

———「クノール® カップスープ」のおいしい食べ方を教えてください。

そのままでももちろんおいしいのですが、ぜひ試していただきたいのがお好みの具材をトッピングしたスープ。忙しい朝はもちろん、小腹が空いた時などにもピッタリです。

朝食の定番であるトーストを添えて、スープにディップしながら食べていただくのもオススメですし、ご飯とチーズを加えたらリゾットも簡単に作れますよ♪

また、お餅をいれてもおいしいですし、今人気のオートミールもオススメです!いつものスープに少しトッピングするだけで、ごちそう感がアップしますよ!

最近では、SNSでお好みのアレンジやトッピングを楽しんでらっしゃる投稿をよく見かけます。ぜひいろいろなトッピングで楽しんでいただきたいです☆

画像4

画像5

まだまだあります!お手軽アレンジ♪

——ほかにもオススメレシピはありますか?

野菜が溶けこんだスープにさらに野菜を入れる、追い野菜スープも手軽でオススメです!

コーン缶や冷凍のブロッコリーなどを入れると、満足感もアップしますし、野菜もさらにおいしく食べることができますよ☆

画像6

画像7

カップスープが別の料理に変身!担当者お気に入りアレンジレシピ

画像8

画像9

画像10

画像11

トッピングやアレンジレシピ♪ぜひお試しを☆

——「クノール® カップスープ」を愛用しているみなさん、これから試してみようそうと考えているみなさんにメッセージをお願いします。

おいしさはもちろん、みなさまの生活がより良くなるように貢献できればと思っています!これからもよろしくお願いします♪

画像12


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
たべる楽しさをもっと!
「AJINOMOTO PARK」編集部
たべる楽しさを、もっと。 楽しく食べる情報やレシピを集めたオウンドメディア「AJINOMOTO PARK」のこぼれ話や想いなどをお伝えしていきます。「おいしい」「楽しい」の“もと”をみなさんと一緒に見つけていきたいです。 ※個々のお問い合わせやコメントへの対応はしておりません。