味の素社員の商品活用術!「お肉やわらかの素」編
見出し画像

味の素社員の商品活用術!「お肉やわらかの素」編

味の素社が食卓にご提案しているさまざまな商品。みなさんにご愛用いただいていますが、担当者は伝えたいことがまだまだたくさんあるんです!

そこで、「AJINOMOTO PARK」編集部では、商品をよく知る“中の人”ならではの活用術を熱量高めに語ってもらおうと、担当社員へのインタビューを実施。定番の使い方から、ちょっと意外なアイデアまで、商品の特長とあわせてご紹介します♪

初回で取り上げるのは、肉用調味料「お肉やわらかの素」。調味料事業部の新居(にい)さんに伺いました!

スクリーンショット 2021-05-27 18.16.47

「お肉やわらかの素」ってどんな商品?

――「お肉やわらかの素」の特長やこだわりを教えてください。

「お肉やわらかの素」は、お肉のための調味料で、「たった5分でお肉がやわらかジューシーに食べられる」のが特長です。パサつきがちな鶏むね肉をはじめ、牛肉や豚肉も、短時間でおいしく&食べやすくなるので、忙しい毎日の食事づくりに最適です!

お肉が「やわらかくなる」秘密は、植物由来の酵素の力。パイナップルを刻んで、お肉と漬け込んでおくと、お肉がやわらかくなると聞いたことはありませんか?

――聞いたことあります!でも難しそうなので、やったことはないですね…。

「お肉やわらかの素」は、パイナップルに含まれるお肉やわらか成分と同じ働きの酵素が、肉の繊維をほぐし、でんぷんが肉汁を逃さずキープしてくれるんですよ。だから、まぶしてたった5分おくだけで、お肉がやわらかくジューシーに仕上がるんです!

画像2

――「お肉やわらかの素」は、どんな料理に向いていますか?

さまざまな料理にお使いいただけますが、「やわらか鶏むねステーキ」「やわらか鶏むね肉のから揚げ」など、パサつきがちな鶏むね肉を使った料理に使用いただくことが多いですね。

「お肉やわらかの素」を使用いただくと、冷めてもやわらかさがそのまま!お弁当のおかずや、家族の食事時間がバラバラな場合にもピッタリだと思います!

画像3

担当者が教える最強の裏ワザ!おすすめ商品活用術

――商品の意外な使い方があれば教えてください!

ひき肉料理、その名も「肉汁ジュワッと!ハンバーグ」です!「お肉やわらかの素」には、お肉をやわらかくする技術に加えて、肉汁を逃さずキープするためのノウハウも凝縮されています。ハンバーグに使うと、肉汁があふれるふっくらとした食感をお楽しみ頂けますよ♪

――新居さんおすすめの使い方を教えてください!

わたしは、「お肉やわらかの素」をお肉に振りかけて、そのまま冷凍保存しています。セールのときお肉をまとめ買いすることが多いのですが、冷凍保存すると、どうしてもお肉本来のおいしさが損なわれてしまいがちなんですよね…。

ところが、「お肉やわらかの素」を冷凍前にお肉に振りかけておくだけで、解凍後もやわらかジューシーに。とても便利なのでおすすめですよ♪

画像4

――そんな使い方ができるとは知りませんでした。ぜひやってみます!

また、定番の塩・こしょう味以外に、<タンドリーチキン>や<ガリバタチキン>などフレーバータイプも発売しています。ぜひ、さまざまな味を試して、お気に入りを見つけてみてくださいね。

――「レシピ大百科®」に掲載されているレシピの中でおすすめはありますか?

「鶏むねステーキ」や「から揚げ」「ハンバーグ」以外では、「ローストビーフ」や「冷しゃぶ」が個人的はおすすめです。そのほかにも、さまざまな料理にお使いいただけますよ!

スクリーンショット 2021-05-27 18.23.49

スクリーンショット 2021-05-27 18.24.07

やわらか&ジューシーなお肉でたんぱく質を!

――商品の意外なトリビアがあったら教えてください。

当初、「お肉やわらかの素」は食べ盛りのお子さんがいるご家庭向けに開発されました。ところが、実際の購入してくださっている方の割合をみると、シニアのお客様が6割と多いのに驚きました!

「お肉やわらかの素」には、お肉をやわらかくおいしく食べる技術が詰めこまれており、それが幅広い世代から評価いただいていると考えています。

お肉に含まれるたんぱく質はカラダを作るもととなる、健康的に毎日をすごすために必要不可欠な栄養素*です。育ち盛りのお子さんから、シニア層の方まで、「お肉やわらかの素」でお肉をおいしく食べていただければと思います!

* 出典:「日本人の食事摂取基準(2020年度版)」

スクリーンショット 2021-05-27 18.26.59

いつものお肉をやわらか&ジューシーにしてくれる「お肉やわらかの素」。いろんな料理に使えるだけでなく、冷めてもおいしい、冷凍保存するのにも使えるなど、いろんなシーンで活躍してくれそうです。ぜひお試しください!


スキありがとうございます!
たべる楽しさを、もっと。 楽しく食べる情報やレシピを集めたオウンドメディア「AJINOMOTO PARK」のこぼれ話や想いなどをお伝えしていきます。「おいしい」「楽しい」の“もと”をみなさんと一緒に見つけていきたいです。 ※個々のお問い合わせやコメントへの対応はしておりません。