見出し画像

味の素社員の商品活用術! 「Cook Do®」オイスターソース編

味の素社が食卓にご提案しているさまざまな商品。みなさんにご愛用いただいていますが、担当者は伝えたいことがまだまだたくさんあるんです!

そこで、「AJINOMOTO PARK」編集部では、商品をよく知る“中の人”ならではの活用術を熱量高めに語ってもらおうと、担当社員へのインタビューを実施。定番の使い方から、ちょっと意外なアイデアまで、商品の特長とあわせてご紹介します♪

今回取り上げるのは、「Cook Do®」オイスターソース。調味料事業部の池田さんに伺いました!

スクリーンショット 2021-06-17 8.39.36

「Cook Do®」オイスターソースってどんな商品?

――「Cook Do®」オイスターソースの特長やこだわりを教えてください。

最大のこだわりはズバリ原料です!「牡蠣らしい風味が強いタイプ」と「コクと厚みが強いタイプ」、厳選したふたつの異なる牡蠣エキスを使っています。この2つの牡蠣エキスを絶妙に配合し、濃厚で複雑味のある本格的な味わいに仕上げているんです!

製法にもこだわっていて、当社独自の製法で、一つ一つ丁寧に国内工場で作っています。

――とてもこだわって作られているんですね!

まだまだこだわりはありますよ。
食卓での使い勝手のよさも大切にしていることの一つ。ほどよいとろみがあるので、調理の際に使いやすいだけでなく、素材とのなじみもよく、幅広い用途にお使いいただけます!

画像2

――「Cook Do®」オイスターソースは、どんな料理に向いていますか?

「肉野菜炒め」など炒めものでお使いいただくことが多いですね。

肉野菜炒めは、ご家庭で作られる方が多いと思いますが、それだけに味付けがマンネリ化しがちというお声をよく聞く料理なんですよね。

そんなときに便利なのが「Cook Do®」オイスタ―ソース。肉野菜炒めに使うと、家族から「なんだか、ワンランクアップしたみたい」とほめてもらえる自慢の一皿に!

担当者が教える最強の裏ワザ!おすすめ商品活用術

――商品の意外な使い方があれば教えてください。

「Cook Do®」オイスターソースを中華の炒めものに使う調味料と思っている方も多いと思います。ところが、こだわりの牡蠣エキスを使用していることから、「だし」としても活用できるんです!

たとえば、いつもの中華スープに加えるだけで、他の調味料では出せない、本格的な味わいが楽しめます。おでんや煮ものに入れても深いコクが出て、よりいっそう素材のおいしさを引き立ててくれますよ♪

――「だし」というのは新しい発想です!池田さんおすすめの使い方をもっと教えてください!

万能な「Cook Do®」オイスタ―ソースですが、わたしのおすすめは、“そのままかけて“という使い方です。

――“そのままかけて”ですか!?

本場中国では、ゆでたレタスにかけて食べることも多いそうです。もやしやキャベツといった身近な野菜をレンジで加熱し、「Cook Do®」オイスタ―ソースをかけてあえるだけで、あっという間に本格的な一品になりますよ☆

スクリーンショット 2021-06-17 8.41.25

食卓に野菜がちょっと足りないなというときはもちろん、ビールのおつまみにもピッタリです(笑)

――そのほかに「レシピ大百科®」に掲載されているレシピの中でおすすめはありますか?

定番の本格中華はもちろん、季節の野菜とむね肉を使ったパパっと作れる炒めものや、レンジで簡単にできるナムル、野菜の味を楽しむスープなどがおすすめですね。

独特のコクと風味がきいた、自慢の一品になるはずです!

スクリーンショット 2021-06-17 8.41.34

スクリーンショット 2021-06-17 8.41.43

スクリーンショット 2021-06-17 8.41.55

だしや下味、隠し味にも!幅広く使える万能調味料!

――商品の意外なトリビアがあったら教えてください。

商品をたくさん使ってくださっているお客様にお話をうかがうと、だしや下味付けとして活用する方もいれば、マヨネーズや酢とあわせて「ドレッシング」を作る方もいらして。私自身がその活用の幅の広さに驚かされます。いろんな使い方があることを、もっと多くの方に知っていただきたいです!

スクリーンショット 2021-06-17 9.31.47

独特の風味とコクで、本格的な味わいを手軽に楽しむことができる「Cook Do®」オイスターソース。みなさんの日々の食卓にきっともっとお役に立てる商品です。

まだ使ったことがないという方はもちろん、すでにお使いの方も、これを機にいろんな使い方を試してみてください!


スキありがとうございます!
たべる楽しさを、もっと。 楽しく食べる情報やレシピを集めたオウンドメディア「AJINOMOTO PARK」のこぼれ話や想いなどをお伝えしていきます。「おいしい」「楽しい」の“もと”をみなさんと一緒に見つけていきたいです。 ※個々のお問い合わせやコメントへの対応はしておりません。