見出し画像

味の素社員のご飯ルール#8 工夫をひとさじ♪満足ごはん

おいしいものを食べるのはすごく幸せなことなのに、その支度となると話は別。献立にはじまり、食材の準備、調理から後片付けまで、「今夜は何を作ろうか…」と考えるだけで疲れてしまうことも。

楽しいはずの食事が、悩みの種になってしまうのは、ちょっともったいない気がしますよね。でも実際のところ、みなさんどうやって日々の営みをこなしているのでしょうか?

そこで、「AJINOMOTO PARK」編集長が自ら、社員の食卓をのぞき見。食べることが大好きな味の素社員のご飯に関する工夫や決まりごとをシリーズで取り上げます。

今回取り上げるのは、栄養・加工食品事業部で「クノール®」ブランド担当している望月さんのご飯ルールです。

スクリーンショット 2021-03-25 14.38.33

「楽しくおいしく」を簡単に!望月さんのご飯ルール

ごはんを作るのも食べるのも大好き!という望月さん。でも、時間も手間もかけたくないということで、実力派の調理器具たちを取り入れたり、お店の味を拝借したり…。ちょっとした工夫で簡単に「楽しく&おいしく」を実現しています。

仕事で担当している「クノール® カップスープ」たちも大活躍。無理なくおいしいごはんを実現している望月さんのご飯ルールとは!?

四種の神器が大活躍!技あり調理器具で時短でも「おいしい」を

望月さんが日々の食事の支度を「楽しく」こなせているワケのひとつとして教えてくれたのが、三種の神器ならぬ「四種の神器」!お気に入りの4つの調理器具を駆使することで作業効率がアップし、料理のストレスを感じにくいのだそう。

画像2

バーミキュラの「オーブンポット」

「クノール®」を担当する前からスープが大好きだったという望月さんが愛用しているのが、バーミキュラの「オーブンポット」。水を使わずに野菜の水分だけで調理できるので、最小限の味付けで最大限のおいしさを引き出せるそう。

電気圧力鍋

電気圧力鍋を使えば火が通りにくい根菜もあっという間にほくほくに。ほったらかしでおいしい料理ができるので、平日は大活躍のようです。最近のお気に入りは、豚肉と大根を「ほんだし®」としょうゆだけで味付けした「豚肉大根」☆

電子レンジの耐熱容器

電子レンジで使える耐熱容器も、あらゆるシーンで大活躍。いろんな食材を手軽に加熱できるので、お鍋をいちいち火にかける必要がありません。これがあるおかげで、洗いものの手間が格段に少なくなっているのだとか。

ハンドブレンダー

かぼちゃやさつまいもを潰したり、余った野菜を刻んだり…。さまざまなシーンで重宝するのが、ハンドブレンダー。手のかかるたまねぎのみじん切りもできてしまうので、これも時短&洗いものの削減に一役買っているそうです。

「やっぱり汁ものが欠かせない!」望月家の一週間スープコーデ♪

仕事で日々、おいしさと手軽さのバランスのとれたスープ作りを模索している望月さん。普段どんなふうにスープを召し上がっているのか、気になります!

実際、「食卓にはほぼ毎日欠かさずスープを出してます。スープはお腹が満たされることに加えて、ほっとした気分になれますよ!」と望月さん。そこで、無理をいってその一部を公開してもらいました♪

画像3

日曜日から月曜日にかけては、週のはじめにバーミキュラで作ったミネストローネを。続く火曜日、忙しい朝も「クノール® カップスープ」できちんと朝ごはん。この日は、豆乳を入れたアレンジを楽しまれたそう。

同じ火曜日のお昼、普段からよく召し上がるという「クノール® ふんわりたまごスープ」をランチのおともに。

画像4

水曜日は、電気圧力鍋で作った参鶏湯(サムゲタン)が登場♪体だけでなくココロまであたたくなりそうな主役級の存在感です!

忙しかった木曜日のお昼は、即席のみそ汁で簡単に。土曜日は、さつまいもを使ったポタージュが食卓に華を添えました。ハンドブレンダーがあれば、面倒な野菜をつぶす作業も楽ちん♪

手作りとインスタントをうまく組み合わせているところが望月さんらしく、無理なく自炊を楽しんでいる様子が伝わってきます。素敵な「1週間スープコーデ」、どうもありがとうございました!

週に一度の晩餐会を楽しみながら料理のアイデアを拝借

毎週金曜の夜、望月家ではちょっとした晩餐会が開かれているそう。晩餐会といっても、ただおいしいものを食べるだけで終わらないのが、望月家流なのです。

毎週金曜はお楽しみ!夫婦ふたりで晩餐会を開催♪

金曜日は、大好きなお惣菜や、焼くだけお手軽食材などを買い込んで、ちょっと贅沢な食事の時間を満喫するのが望月家のルール。

この日は、大きなステーキをメインに、グリルした野菜やシーフードなどを堪能♪道の駅で購入されたというパープルにんじんのスープが添えてあるのも、望月さんらしい。

画像5

晩餐会のメニューが普段の料理をアップデートするアイデア源に!

望月さんによると、晩餐会は料理のアイデアの宝庫。「おいしい!」と思ったものは材料をチェックして日々の料理に取り入れることが少なくないそう。

最初から挑戦してみたいものを買うこともあれば、お惣菜のサラダにアーモンドが入ってるのをふと見つけて、おつまみ用に買ってあったナッツを料理に使ってみることも。楽しみながら日々の食卓をアップデートするというアイデア、ぜひ見習いたいですね!

画像6

「楽しく&おいしく」を大切にしながらも、無理なくストレスのかからない食生活を送っている望月さん。調理器具も晩餐会も興味津々ですが、お話を聞いていて気になるのは、やっぱりスープ。編集部宅でも、いつもスープのある食卓をまずは目指してみたいと思います!

▼「味の素社員のご飯ルール」アーカイブ



今日は何たべた?
たべる楽しさを、もっと。 楽しく食べる情報やレシピを集めたオウンドメディア「AJINOMOTO PARK」のこぼれ話や想いなどをお伝えしていきます。「おいしい」「楽しい」の“もと”をみなさんと一緒に見つけていきたいです。 ※個々のお問い合わせやコメントへの対応はしておりません。