味の素社員の商品活用術!「具たっぷり味噌汁」編
見出し画像

味の素社員の商品活用術!「具たっぷり味噌汁」編

味の素社が食卓にご提案しているさまざまな商品。みなさんにご愛用いただいていますが、担当者は伝えたいことがまだまだたくさんあるんです!

そこで、「AJINOMOTO PARK」編集部では、商品をよく知る“中の人”ならではの活用術を熱量高めに語ってもらおうと、担当社員へのインタビューを実施。定番の使い方から、ちょっと意外なアイデアまで、商品の特長とあわせてご紹介します♪

今回取り上げるのは、「具たっぷり味噌汁」。開発担当の永田さんにうかがいました!

プロフィール

だし味噌と具材を別々に加工!おいしさを追求したこだわり製法

――「具たっぷり味噌汁」の特長を教えてください。

名前の通り、具材がたっぷり入ったフリーズドライタイプの即席味噌汁です。「フリーズドライ」と聞くとブロックタイプのものを想像される方が多いと思いますが、「具たっぷり味噌汁」はちょっと見た目が異なります。

だしや味噌、調味料を組み合わせた「だし味噌」の顆粒と、フリーズドライ加工の具材を別々に作り、一緒に袋に詰め。あえてブロック状にはしていないんです。

画像1

——どうしてそんな手間がかかる作り方を…?

大きく三つ理由があります。

☆理由その1
「具たっぷり味噌汁」という商品名の通り、具をたくさん入れるため。

☆理由その2
具材の素材本来の味わいや色味を、できるだけ楽しんでほしいから。

だし味噌と具材を別々に加工することで、具材に味噌の塩味や色味がうつりにくく、具材本来の味わいと色味をなるべく保ったまま、袋に詰めることができるんです!

☆理由その3
当社のこだわりポイントである、だしのよさを生かすため。

だしの素となるかつお節粉末は熱にとても弱く、ブロックタイプのように「お味噌汁」にしてからフリーズドライ加工する方法では風味がとびやすいのが課題でした。そこで、「具たっぷり味噌汁」では、粉末味噌とかつお節粉末を合わせた顆粒の「だし味噌」にすることによって、だし本来の風味をそのままお届けできるよう工夫しています。

袋を開けたときや、お椀にお湯を注いだときのだしの香りの立ち方にぜひ注目してみてください!

忙しい日々のおともに♪バラエティ豊かな12品種!

——商品のラインナップを教えてください。

定番の6品種と減塩の4品種に、具だくさんでたんぱく源も入った「おかず味噌汁」2品種の全12品種を展開しています。

——バラエティ豊かですね!具材はどうやって決めているんですか?

どんなものが入っているとうれしいと思っていただけるか、日々考えながら選定しています。いちばん人気のある「なす」、緑が鮮やかな「ほうれん草」、うま味と味わい深さで人気の「きのこ」、ツルっとした食感の「豆腐」、二種の野菜が入った「小松菜とねぎ」、シャキシャキ食感の「ごぼうとお麩」と、どれも自慢の一品です!

画像2

減塩タイプもラインナップしています。

塩分を50%カット(※)、だけどおいしい。塩味が弱い分、味が薄くなってしまわないように、だしのおいしさを効かせてつくりました。毎日飲みたい方、塩分の量が気になる方にも、安心してお召し上がりいただけます。

※当社「具たっぷり味噌汁」定番タイプ比

画像3

より食べごたえのあるものをお探しの方には、「おかず味噌汁」を。「たんぱく源も入った、おかずになる味噌汁」をコンセプトに、即席味噌汁ではなかなか見かけない「鶏だんご」や「あさり」を具材に採用しています。

味の素の公式通販ショップやECサイトのみの販売となっていますので、ぜひ探してみてください!

画像4


画像6

——「具たっぷり味噌汁」のおすすめの使用シーンは?

ぜひ、テレワーク中の食事に取り入れていただきたいです!

通勤時間がないことで、仕事への取りかかり方が難しかったり、限られた休憩時間内にあわただしく昼食を作ることが多かったり…。

そんなとき、手軽に温かい食事をとることができると、シャキッとしたり、ココロがほっとしたり…ちょっと気分が変わる気がしますよね。

「具たっぷり味噌汁」は、お湯を注ぐだけですぐに作れて、具がたっぷりで満足感もあります。ぜひ忙しい日の献立にくわえてみてください!

新しい商品の背景にあるのは、長いこだわりの歴史☆

——商品の意外なトリビアがあったら教えてください。

「具たっぷり味噌汁」は、2019年に発売された比較的新しい商品ですが、背景には長いこだわりの歴史があります。それは、当社が「ほんだし®」発売以来、50年以上にわたって培ってきた、だしの技術です。

「具たっぷり味噌汁」には、創業100余年のかつお節メーカーさんと共同開発した独自のかつお節粉末を使っています。「具たっぷり味噌汁」は、とても新しい商品でありながら、伝統的な商品でもあると感じています。

画像7

「温かい汁ものがあれば」と思っても、お鍋で作るのが少し面倒な日も。そんなとき、具だくさんで食べ応えのある、湯気までおいしい味噌汁がサッと作れる「具たっぷり味噌汁」。

味の素社だからこそのだしのうま味が光るおいしさと手軽さは、忙しい毎日の強い味方になってくれるはずです。ぜひ、みなさんの生活にも取り入れてみてくださいね。

▼味の素社員の商品活用術!アーカイブ





うれしい!
たべる楽しさを、もっと。 楽しく食べる情報やレシピを集めたオウンドメディア「AJINOMOTO PARK」のこぼれ話や想いなどをお伝えしていきます。「おいしい」「楽しい」の“もと”をみなさんと一緒に見つけていきたいです。 ※個々のお問い合わせやコメントへの対応はしておりません。